夏の時期にアシナガバチ駆除を行なう理由

蜂

何故夏の時期にアシナガバチ駆除を行なうのか説明します。併せて、夏場にアシナガバチに出遭ったときの対処方法も覚えておきましょう。人もアシナガバチも活発に動く夏は、遭遇するリスクも高いからです。

アシナガバチの活動時期について

アシナガバチはいつ頃から活動しますか?
アシナガバチも他の虫と同じく、春から秋にかけて活動します。冬の間は活動そのものが止まるため、女王蜂以外の多くの働き蜂は冬を越えられずに死んでしまいます。
夏頃に見掛ける機会が増えるのは何故ですか?
夏場は成虫の数も増えているため、巣を出入りするアシナガバチも多いです。巣の存在に気付かずに出会ってしまう危険性が高いのです。

夏場のアシナガバチ対策方法

服装
夏は夏休みがあるので、子どもと外で遊ぶ機会が増えるでしょう。キャンプやドライブ、庭遊び、旅行など色々楽しめる季節でしょう。しかし、油断しているとアシナガバチとばったり出くわして刺されてしまう、なんてことも起こるかも知れません。予めできる対策として、「服装の工夫」があります。万が一アシナガバチに遭遇しても、警戒されにくい白や明るい色の服装であれば、刺されるリスクも減らせます。アシナガバチに限らず、ハチは黒っぽい色、濃い色に反応します。これは、ハチの天敵には黒っぽい色をした動物が多かったからと言われています。白や明るい色の服装で肌の露出を抑えるようにしましょう。サングラスや帽子もなるべく薄めの色にした方が良いです。
匂い
アシナガバチを興奮させてしまうものは、色だけではありません。匂いもそうです。ジュースの甘い香りに誘われて、アシナガバチは集まってきます。外にほんの数分置いたジュースを飲もうとして、口元をハチに刺された人は少なくありません。汗を沢山掻く夏場は、冷たいジュースをよく飲むでしょう。外出先でジュースを飲む場合は、注意が必要です。できるだけ、ペットボトルや水筒、タンブラーに入れて持ち歩くようにしましょう。開いたジュースの缶に口を付ける際は、中にアシナガバチが入っていないか確認するように、子どもにも言い聞かせておきましょう。
TOPボタン